ポッチャマのパワプロ2020MLB査定

パワプロでMLB再現してます!

パワプロ2020再現選手 ラリー・ウォーカー 1997年 COL

f:id:pottyama_12:20210313202419j:plain

f:id:pottyama_12:20210313202421j:plain

f:id:pottyama_12:20210313202429j:plain

 

ラリー・ケネス・ロバート・ウォーカー (31歳※1997年時)

 

1997年成績

153試合 打率.366 49本 130打点 OPS1.172

盗塁(33-8)

 

タイトル・表彰

首位打者:3回(1998年-1999年、2001年)

本塁打王:1回(1997年)

シーズンMVP:1回(1997年)

シルバースラッガー賞:3回(1992年、1997年、1999年)

ゴールドグラブ賞:7回(1992年-1993年、1997年-1999年、2001年-2002年)

 

 

経歴

モントリオール・エクスポズ(1989-1994)

コロラド・ロッキーズ(1995-2004)

セントルイス・カーズナルス(2004-2005)

 

 

選手・査定に関して

通算2160安打・383本塁打・1311打点は全てカナダ出身者の最多記録であり、史上最強のカナディアンと呼ばれる最強バッター。1997年にはカナダ出身者として初めてのシーズンMVPも受賞している。

 

1995年にFAでコロラド・ロッキーズへと移籍すると打者天国と呼ばれている

打者圧倒的優位のクアーズ・フィールドで一気に長打力が開花。1997年には打率.366・49本・130打点・33盗塁と圧倒的な成績を残し打点王を獲得。さらにはカナダ出身者として初めてのMVPも獲得することとなった。ちなみにあと4安打・10打点で三冠王だった。

また30-30も達成しているが、歴代で達成している中で最多の49本塁打を放ち、あと1本で史上初の「50-30」を達成するところであったのだ。非常に惜しい…

 

これは余談だが、打者天国以外のアウェーでもこの年は良く打っておりクアーズ・フィールドで打率.384・OPS1.169。アウェーでは打率.346・OPS1.176と球場関係なしに成績を残している。

 

対変化〇…対Finesse打率.360

満塁男…満塁時打率.385

初球〇…初球時打率.415

対左F…対左打率.299(対右打率.389)

併殺…15併殺打

 

 

パワナンバー

13300 31497 75582

f:id:pottyama_12:20210313202433j:plain