ポッチャマのパワプロ2020MLB査定

パワプロでMLB再現してます!

MLB再現選手 ゲリット・コール【リクエスト】

f:id:pottyama_12:20200924151125j:plain

f:id:pottyama_12:20200924151140j:plain

 

ゲリット・アラン・コール 29歳(2019年時)

2019年成績

防御率2.50 20勝 5敗 奪三振326 WHIP0.89

(黒字はリーグ最高)

 

通算成績

防御率3.22 94勝 52敗 奪三振1336 WHIP1.13

 

【タイトル】

最優秀防御率:1回(2019年)

最多奪三振:1回(2019年)

 

【経歴】

オレンジ・ルーテル高等学校

カリフォルニア大学ロサンゼルス校

ピッツバーグ・パイレーツ(2013-2017)

ヒューストン・アストロズ(2018-2019)

ニューヨーク・ヤンキース(2020-)

 

サイヤング賞はバーランダーに譲ったもののキャリア最高の326奪三振をマークし初の最多奪三振のタイトルを受賞

アストロズを出て、2020~28年までの9年3億2400万ドルの契約で入団したパワーピッチャー。この契約はピッチャーでは史上最高額で、超大型契約となった。

昨季はアストロズの2番手としてシーズンに入り、序盤は制球が不安定で5月末時点の成績は5勝5敗、防御率は4.02だった。しかし6月以降は速球とスライダーの制球が安定し、失点を最小限に抑えるようになった。6月からはシーズン終了まで21試合に先発したが、そのうちの15試合は1失点以内に抑えたゲームで、すべてが勝ち星になったため、6月以降は15勝0敗で初めて20勝をマークした。

勝ち星以上に注目を集めたのは奪三振数だ。コールは一昨年、アストロズに来てツーシームを投げるのをやめた結果、ハイペースで三振を奪えるようになった。昨季はフォーシームのキレと球速がアップしたため、奪三振率がさらにアップ。8月以降、マルドナードをパーソナル捕手として投げるようになると、8月の2度目の先発から9試合連続で2桁奪三振を記録。その結果、奪三振数は326まで伸びた。

 

 

【査定に関して】

筋力ポイントが足りず160キロまで行きませんでした…必ず作り直します…

一発…被本塁打29はちょっと多い

 

パワナンバー】13900 50057 62972

f:id:pottyama_12:20200924151146j:plain

 

 

他の作成選手はこちら

pottyama-12.hatenablog.jp

 

お題箱はこちら

pottyama-12.hatenablog.jp